第36回SBI債が販売開始。今回も先着順に変更。金利低下でやや人気にも陰りか?

第36回となるSBI債の販売が開始されました。SBI債はSBIホールディングスが発行している個人向けの社債です。短期のわりに金利が高めということで個人投資家からの人気が非常に高い債券となっています。ただし、マイナス金利政策の影響もあってか、金利が落ち込み、SBI債の金利も低下し、満期も従来の1年から2年へと変更(第34回以降)されています。そうしたこともあって、絶対にお勧めとはいえるレベルではなくなってきているのも現状です。

続きを読む

NISAに積立NISAが新登場?非課税枠は60万円だけど非課税期間10年

少額投資非課税制度のNISAに新しいNISAが追加されるようです。投資対象が長期積立に適した商品に限定され、かつ上限金額は60万円(通常のNISAは120万円)、非課税期間は10年(通常のNISAは5年)という内容です。通常のNISAと積立NISAは併用することはできず、どちらか片方を選択する必要があります。

これでNISAは「NISA」「ジュニアNISA」「積立NISA」という3本立てになることになりますね。増やしすぎでしょ……。

続きを読む

2016年11月25日は11月権利付き最終日。

本日の11月25日は2016年11月の権利付き最終日となります。

11月の優待銘柄は銘柄数もそう多くないことや、直近の株価上昇が比較的急だったことからこのタイミングで買う事について少し躊躇する方も多いかもしれませんね。

利回りが高めの会社だと「アクトコール(6064)」などが人気ですが、数か月前と比べて株価は2倍ほどに挙がっているので優待利回りが高めだからといってスッと手を出しにくいかもしれませんね。

続きを読む

iDeCo普及のための協賛金は1金融機関あたり5000万円?

個人型確定拠出年金についての愛称がiDeCo(イデコ)に決まったという話を先日書いて、そんなことに金使うんじゃないよと書いたわけですが、来ましたよ。

個人型確定拠出年金がiDeCo(イデコ)とかいう覚えにくい愛称に決まった模様
税制上のメリットが大きいと知られている個人型確定拠出年金ですが、普及促進のための愛称としてiDeCo(イデコ)という名称に決めたそうです。・英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく...

週刊ダイヤモンドによると、厚生労働省が金融機関に対して制度普及のための協賛金として5000万円払えという請求(?)が届いたそうです。

続きを読む

JR九州のIPO、100株だけ当選。とりあえず優待目的で長期保有するか……

JR九州の株主優待、前回の郵政IPOのこともあってかやはりかなり人気だったみたいです。需要状況は極めて良好だったようですね。おそらく公募価格を大きく上回る可能性は少ないでしょうが、他社JRと比較しても割高感は決してないので、そう悪いIPOにはならないんじゃないかなぁと思います。

とりあえずは優待もあるみたいですから福岡在住の身としてとりあえず中長期で持っておこうかと思います。

続きを読む

コロワイドがフレッシュネスバーガーを買収。優待レバレッジ経営はどこまで続く?

コロワイドがすごいですね。居酒屋の甘太郎という九州在住民には聞きなれない居酒屋をチェーン展開している会社ですが、牛角のレインズやかっぱ寿司のカッパ・クリエイトなどを買収に買収を重ね、今度はフレッシュネスバーガーを運営するフレッシュネスも買収ですか……。

株価のバリエーションとしてはかなり割高といわれながらも、高利回りの優待で個人株主を味方につけて高い時価総額を維持して買収を重ねて巨大化していく。見事だと思います。

続きを読む

明日の2016年9月27日は権利付き最終日。9月の優待銘柄投資は有効か?

明日は9月末が権利確定日の優待銘柄の権利付き最終日となります。今月末は受け渡し日の関係で逆日歩は3日適用となりますので、空売り+現物株投資で優待のタダ取りを考えている人はちょっと注意しておきたいところですね。安易なタダ取りは高額逆日歩の餌食になるかもしれませんよ!

受け渡し日については特に優待のタダ取りを考えている人は注意したい部分です。

続きを読む

個人型確定拠出年金がiDeCo(イデコ)とかいう覚えにくい愛称に決まった模様

税制上のメリットが大きいと知られている個人型確定拠出年金ですが、普及促進のための愛称としてiDeCo(イデコ)という名称に決めたそうです。

・英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表している。また、「i」には「私」という意味が込められており、自分で運用する年金の特徴を捉えていること。

・「イデコ」は親しみやすい響きで、小文字と大文字の交互の組合せが、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えること。

覚えにくい。iDeCoって individual-type Defined Contribution pension planっていう英語表記をしらないとわかんないし。すでにDCという表現自体は多少なりとも知られているわけだから、○○DCとかにしておけばいいのに。そもそも年金の名称にスタイリッシュとでおしゃれな印象とかいらんやろ。

この普及のために何億円も広告費が税金から投入されるかと思うと悲しくなる……。

個人型確定拠出年金のメリット・デメリット
確定拠出年金というのは、将来給付される年金額が運用次第で変動する年金です。確定拠出年金は企業型と個人型があり、今回はその中でも自営業者や一部のサラリーマンが「任意」で加入することが出来る個人型確定拠出年金についてまとめていきたいと思います。 個人型...

 

三井住友銀行がATM手数料・振込手数料を大改悪。マイナス金利の悪影響が「手数料」の形で表れる

大手都市銀行(メガバンク)の三井住友銀行がATM手数料や振込手数料を改悪してきました。先日は「ゆうちょ銀行」も手数料の改悪を行ったわけですが、三井住友銀行も手数料を改悪してきました。

ATM手数料
三井住友銀行のATMで自行キャッシュカードを使った時間外手数料を無料から有料(108円)に値上げ
ゆうちょ銀行ATMを利用した手数料を無料から有料へ(時間内・時間外共通)

振込手数料
三井住友銀行間の振込手数料(オンラインバンキング利用時)を無料から有料(108円)に値上げ

かなり多くの人に影響する改悪となっていますね……。

続きを読む