運用性の高い特定保険契約の手数料開示、都銀が対応を開始。地銀は反対。

マイナス金利政策によって銀行の収益性(利ざや)が減少している中で、銀行にとっての大きな収益源となっているのが特定保険契約といわれる運用性の高い保険です。外貨建て保険に代表されるような保険で、元本割れのリスクがありますが、一方で運用性も期待できるような運用商品となっています。

続きを読む

明日2016年8月26日は権利付き最終日。イオンやビックカメラなどの小売や飲食系も多い。

明日の2016年8月26日は権利付き最終日となります。
株主優待の中でも人気度の高いイオンや、複数年保有で優待内容がより充実するビッグカメラ、飲食系としてはクリエイトレストランツホールディング、SFPダイニング、吉野家などの優待ゲットが可能です。

あとは、今年上場したコメダコーヒーも8月優待銘柄ですね。

続きを読む

auユーザーを優遇したじぶん銀行、auユーザーを見捨てる……。

じぶん銀行はこれまでauユーザーに対しての大きな特典をプラスした「プレミアムバンク for au」というサービスを提供していました。auユーザーなら振込手数料無料やコンビニATMの無制限無料といった特典があったわけですが、こうした特典が2016年11月12日をもって一部を除き廃止されることになりました。

株式会社じぶん銀行 (本社: 東京都中央区、代表取締役社長:鶴我 明憲、以下「じぶん銀行」)、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下「KDDI」)、沖縄セルラー電話株式会社 (本社: 沖縄県那覇市、代表取締役社長: 湯淺 英雄、以下「沖縄セルラー」) の3社が連携し、2014年5月より提供している口座特典プログラム「プレミアムバンク for au」は、一部サービスを除き2016年11月をもって終了します。

これに代わって、新たに「じぶん銀行 じぶんプラス」というサービスがスタートしますが、こちらはauユーザー向けというわけではなく、全ユーザーが対象となります。

続きを読む

2016年10月上場予定のJR九州。主幹事はSMBC日興証券などに決定

2016年のLINE上場に続いて注目されている大型IPOがJR九州です。
このJR九州のIPOに対する主幹事証券会社が決まったようです。国内証券は野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券の3社。海外証券はゴールドマン・サックス証券とJPモルガン証券の2社。

続きを読む

本日2016年07月26日は7月優待・配当の権利付き最終日です。

とりあえずの告知。今月はそもそも決算・半期決算は少ないので株主優待を実施する企業も含めて数は最小です。株主優待でいえばダイドードリンコ(2590)が人気ですが、こちらは7月20日が検知確定日と変則的なので、すでに権利日は過ぎておりますので、優待投資初心者の方はお気を付けください。

メジャーどころでいえば、モロゾフ(2217)やトーホー(8142)とかですね。モロゾフは長期株主向けの自社商品が人気みたいです。

ちなみに、優待クロス取引を考えている方は逆日歩にご注意ください。

2016年7月の人気株主優待と過去の逆日歩情報
7月は決算期(半期決算)を設定している企業数も少ないことから株主優待を提供している会社も少ないのが現状です。2016年7月の場合はわずか22社で通年で見ても最も少ない優待実施月となっています。 一方で株主優待企業としては人気の高い「ダイドードリンコ」や「モ...

任天堂が連日の大商い、7/20の売買代金は732,334,757円と過去最高更新

ポケモンGO期待で連日大商いが続いている、任天堂(7974)は7/20は大幅調整となりました。
一部界隈で本日に日本向けにリリースするといわれていましたが、配信されなかったことなどが影響した模様です。連日の株価上昇もあって、利益確定売りのよい口実となったとみる向きがあります。

下げ幅は-4005円で、昨日の上昇幅(+3990円)を完全に打ち消した格好となっています。
7/19、7/20と連日7000億円を超える売買代金があったことを考えると株価的には上に非常に大きな蓋ができた格好となっており、短期で昨日の株価を超えるにはそれなりのパワーが必要になりそうです。

続きを読む

貸株サービスの最大のデメリットは税制。配当金相当額が雑所得扱いで課税対象になる

ネット証券が提供している貸株サービス。
投資家が保有する株式投資を、証券会社に貸すことで、貸し株料を受け取れるというサービスです。だいたい0.1%程度の貸株料になりますが、この貸し株サービス税制面で非常に厳しい扱いとなる可能性があります。

下手に指摘されてしまうと、わずかの貸株料では割に合わないくらい税金が取られてしまう可能性があります。大いにご注意ください。

ちなみに貸し株サービスって何?という方は下記リンクをご参照くださいませ。

貸株サービスでネット証券比較
貸株サービスとは、自分が保有する株式を証券会社に貸すことで、その賃貸料として一定のお金を受け取ることができるというサービスです。中長期保有を目的としている株式などは貸株をしておくことで配当金や株主優待以外の第三のインカムゲインとなりうるサービスです。

続きを読む

任天堂がストップ高!ポケモンGoが米国で人気。Ingressにハマった自分としては怖い

go

ポケモンGoというスマホアプリの動きが堅調で任天堂の株価がストップ高になるなど非常に賑わっています。

7月6日夜に米国のiOSおよびandroid向けに公開されたポケモンGoは、5時間でランキング1位に浮上、この報道を受けて任天堂株は7/8に大幅高、続く土日開けの7/11にはストップ高を付けるなど1日で時価総額が6000億円も増加しました。

米国ではTwitterのアクティブユーザー数を抜くとか、米国人がメートルを学んだ(米国はヤードポンド法を採用)とか、ポケモンGoでリアルスタンドバイミーとか色々話題になっています。

続きを読む

LINEのIPOは上限価格で決定。為替急激な持ち直しで日経平均堅調

LINE株のIPOは、上限価格で決定しました。
それなりに堅調な需要動向だった模様です。私も複数の証券会社で応募しましたが、LINE株IPOについては当選なしでした。ちなみに、同日にデュアルタップ、インソースのIPOも抽選日でしたが、いずれも落選と相成りました。

IPOは複数の証券会社から申し込みをしても問題はないのか?
IPO(新規公開株)は比較的成績が好調であることが多いため、IPO抽選に応募して当選するためには「できるだけ複数の証券会社から応募する」というのが鉄則のように語られています。ただ、その一方で心配なのは、同じIPO銘柄に対して異なる証券会社から同一の人物で申...

上記が個人的に話題です。そういや、一回どこかの証券会社でIPOか公募株かなんかを買う時に聞かれた記憶があるなぁ。なんでか聞いたときは、内規で多重応募できないようになっていると言われたような。

続きを読む

ソニー銀行 2016年夏の円定期預金特別金利キャンペーン&抽選でオータムジャンボ宝くじ

ソニー銀行が2016年7月1日から定期預金の金利アップキャンペーンを実施しています。金利アップの対象となるのは6カ月、1年、2年の各円定期預金でいずれも0.2%の金利となります。みなさんご存知の通りマイナス金利政策の実施により円定期預金、普通預金の金利は地べたを這いまわるような金利水準となっています。だからといって、ほかの安定運用手段があるわけでもないので、しょうがなく低金利の預金を利用しているという方は上手に活用したいところですね。

2016年7月度 ネットバンク定期預金金利ランキング
2016年7月1日調査時点のネットバンク・銀行の定期預金金利の調査結果です。定期預金の金利水準の指標ともなる長期金利はさらに低下しており、預金金利に対してもマイナスの圧力となります。ただ、いずれにしてもこれ以上下がりようがないという水準まで低下している...

今回のソニー銀行の円定期預金キャンペーンは上記のランキングサイトを見てもわかるとおりそれなりに高い水準です。

続きを読む