第38回SBI債が2019年2月20日12時~SBI証券で販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人向け社債として人気の高いSBI債(SBIホールディングス株式会社 円建社債)が2019年2月20日12時より販売開始となります。

満期は2年で金利(利率)は年0.43%、最小購入単位は10万円単位となります。

第38回SBI債の基本情報

以下の通りです。

商品名

SBIホールディングス株式会社 2021/3/5満期 円建社債(第38回SBI債)

発行体

SBIホールディングス株式会社

発行体格付

BBB+(R&I)

期間

約2年

利率

年0.43%(税引前)
年0.342%(税引後)

お申し込み単位

額面10万円以上、10万円単位

売出価格・償還価格

額面金額の100%

お申し込み期間

2/20(水)12:00~3/4(月)14:00

発行日

2019/3/4

受渡日

2019/3/5

満期償還日

2021/3/5

利払日

毎年 3/5および9/5 初回 : 2019/9/5

営業日

東京、ロンドンの銀行営業日

発行額

200億円

SBI債への投資のリスク

円建ての社債となります。SBIホールディングスが発行します。同社が元本と利払いを保証しておりますが、同社がデフォルト(債務不履行)となった場合、元本並びに利払いの一部、または全部が行われないリスクがあります(信用リスク)。

また、満期まで保有すれば元金が戻ってきますが、途中で現金化したいという場合は元本割れを起こすリスクがあります。

円債なので、為替リスクはなく、2年満期で利率0.43%というのは預金金利と比較してやや高めですね。

2019年2月ネットバンク金利ランキング」によると、1年満期の預金金利は以下の通り。

1位:静岡銀行インターネット支店 0.26%
2位:住信SBIネット銀行 0.2%
3位:じぶん銀行 0.05%

そう考えると、0.43%はそれなりに高い金利と評価できると思います。

信用格付はBBBで投資適格水準です。

債券投資において債券の発行体の信用リスクを調査する上で最も役に立つのが格付機関が発表している発行体の格付です。有名どころではスタンダード&プアーズやムーディーズなどが有名です。それぞれA~Dのアルファベットを使って発行体の信用格付を発表しています...

SBI債に投資をするには?

「SBI証券」を通じてのみ申し込みが可能となっています。

オンラインからの口座開設であれば最短翌営業日から取引が開始できますので、SBI債の申込にも間に合う可能性があります。

また、今回間に合わなくても年に1~2回程度、起債しておりますので、今回間に合わなくても興味がある方は先にSBI証券の口座だけでも作っておくとよいでしょう。

>>SBI証券公式ホームページはこちら

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。