SBI証券がSBBO-Xのサービスの利用条件を大幅緩和

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月にサービスが開始されたSBBO-Xのサービスの利用条件が大幅に緩和されて、広く開放されることになりました。

大手ネット証券のSBI証券が、2018年4月2日よりSBIプライム証券と連携して「SBBO-X(エスビービーオークロス)」という現物株式売買サービスを開始することになります。松井証券のベストマッチと同様に、立会外取引(ダークプール取引)も利用したSOR注文が可能になる...

SBBO-Xは「ダークプール」と呼ばれる市場外取引も利用して、最も有利な取引条件で売買を成立させるサービスとなっています。証券取引所のような市場ではない、立会外取引が可能となります。

SBBO-Xとは?

SBBO-Xをご利用されるお客さまのSOR注文として発注された国内株式現物取引の注文は、SBIプライム証券株式会社が提供するマッチングシステムにてマーケットメイクを行う機関投資家の注文とマッチングするか判定を行います。

取引所の最良気配値より有利または同値でマッチングできる場合のみ、その数量をToSTNeT(東京証券取引所立会外取引)で執行します。
マッチングしなかった場合または注文の一部のみマッチングした場合、残数量は通常のSOR注文の流れとなります。

すごく難しいように見えますが、注文が入った瞬間に、有利な注文先を瞬時に判断して、あなたにとって有利な価格を提示している方に発注するという方法になっています。

 

SBBO-Xの利用条件を大幅緩和

2019年4月末判定より、SBBO-X(国内現物株式ダークプールサービス)の利用条件を変更いたします。

これまで、一定の預かり資産以上の方に限定してご利用いただいておりましたが、お預かり資産の額にかかわらず、一定の国内現物株式の投資経験があればご利用いただけるようになります。

これを機会に、是非「SBBO-X」をご利用いただき、価格改善を実感してみてください。

従来
月末時点の預り資産が1,000万円以上のお客さま、または、月末時点の預り資産が500万円以上で月末を含む月内に現物株式の取引が1回以上あるお客さま。

今後
20歳以上かつ国内現物株式の取引経験が1年以上

大幅緩和ですね。SBBO-Xで売買成立となった場合の方が手数料が安くなっていますので対象者拡大はプラスです。

 

>>SBI証券公式ホームページ

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。