SBI証券、無期限一般信用取引の金利と貸株料を引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券大手のSBI証券が無期限一般信用取引の金利と貸株料を2019年6月3日から引き下げます。

  • 買い方金利:3.09%→2.80%
  • 貸株料:2.00%→1.10%

となります。特に貸株料(空売りの際のコスト)が大きく下がるのはGJです。一般信用取引の空売りは、逆日歩リスクがないので、こうした銘柄をショートしたいときは便利です。

(特に、優待のタダ取りとかね)。

SBI証券のプレスリリース(一部抜粋)

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」)は、2019年6月3日(月)新規建て分[予定]より、国内株式取引における一般信用(無期限)の金利及び貸株料を、業界最低水準となる2.80%(買方金利)、1.10%(貸株料)へ大幅に引き下げることとなりましたので、お知らせいたします。

当社は、これまでも個人投資家の皆さまのさまざまなニーズにお応えするべく、国内株式取引のコスト低減やサービス拡充に積極的に取り組んでまいりました。このたび、一般信用(無期限)の金利・貸株料を引き下げることで、コストを抑えたお取引が可能となり、これまで以上に多くのお客さまに資産運用の選択肢の一つとして、当社の信用取引サービスをご活用いただけるものと期待しております。

金利、貸株料の引き下げは信用取引コストが小さくなるというわけなのでプラスのお話です。

>>SBI証券公式ホームページ

 

株式投資の場合、「取引手数料」に目が行きがちですけど、信用取引の場合は金利や貸株料といったポジション維持コストが結構高くつきますからね。

信用取引(株式投資)を行う場合に注意したいのがその「取引コスト」。取引コストというとどうしても売買手数料を思い浮かべる方も多いかと思いますが、信用取引の場合は金利と貸株料に注意が必要です。あまく考えていると膨大な取引コストを支払っていたなんてこと...

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。