マネックス証券と楽天証券がそろって米国株の最低手数料を引き下げ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月に米国株投資家に朗報が届きましたね。

ネット証券大手の中でも米国株を扱っているのは「マネックス証券」「楽天証券」「SBI証券」ですが、マネックス証券と楽天証券が米国株の最低手数料を5ドルから大幅に引き下げました。

これまで最低手数料という存在があったため、米国株への積立投資などはコスト負けしやすく取り組みにくかったのですが、このおかげで積立投資もやりやすくなってきました!

ネット証券大手が米国株手数料を引き下げ

号砲を切ったのはマネックス証券でした。

マネックス証券は7月8日から、米国株取引の最低手数料を従来の5ドル(米ドル)から0.1ドルに引き下げる。同時に、半年間、米国株購入のための米ドル買い付け為替手数料を無料とする。

ちなみに、その日に行われたセミナーでは他社は追随できないだろうとお話しておりました。が……。

楽天証券が翌日にそれを上回るコストを提示。マネックスの1/10です。

2019年7月22日(月)米国現地約定分より、楽天証券は米国株式取引の最低取引手数料を引き下げます。 改定後の最低手数料は、業界で最も安い0.01米ドル(1セント)となります。 楽天証券は、より快適に米国株式をお取引いただけるよう、米国株式に関する投資情報の拡充や指値注文の有効期間を業界最長水準に延長するなど、継続的なサービス改善を行っています。 このたび、最低取引手数料を5米ドルから、業界で最も安い0.01米ドル(1セント)に引き下げることで、今まで以上に少額投資を行いやすい環境が整います。

驚いたのかわかりませんが、マネックス証券も追随(笑)

マネックス証券の米国株取引では、2019年7月8日(月)、最低取引手数料(税抜)を5米ドルから0.1米ドル(10セント)に引き下げますが、7月22日(月) 米国現地約定分からは、最低取引手数料を0.01米ドル(1セント)へ更に引き下げいたします!最低手数料を引き下げることで、更なる低コストでの投資環境をご提供いたします。

これで、2019年7月8日時点で米国株の取引手数料は0.45%(最低手数料は0.01米ドル)となったわけです。

 

積立投資などがやりやすくなる

これまでは最低手数料5ドルがあったため、どうしても米国株取引はしにくかった面があります。5ドル÷0.45%を考えると1111ドルの買付(12万円弱)の投資が必要になりました。

そのため、積立投資などはある程度資金がまとまってからでないとできないですし、受け取った米国株の配当金を使った再投資もやりにくかったのです。

これが0.01米ドルとなれば実質的な最低手数料は無くなったようなものなので、投資がやりやすくなります。

 

沈黙を守るSBI証券の動向が気になる

気になるのは大手3社のうち、最大手のSBI証券が何も発していないことですね。

今回の手数料改定は最低手数料の部分だけだったので、SBI証券が手数料率0.45%にまで踏み込んでくれたら米国株取引をめぐる手数料競争で、私たち投資家としてはうれしいことになるなぁと思うわけですが、どうなんでしょうかね。

米国株の場合、一番に注目すべき点は取り扱い銘柄の数であると思います。アメリカは世界経済の中心地であり、企業に対する情報開示も厳しく規制されています。そこで米国株を取引するに当たっては、証券会社が扱える米国株の銘柄数に注目しましょう。また、外貨決済...

>>マネックス証券公式ホームページ

>>楽天証券公式ホームページ

関連タイトル

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*