楽天証券、楽天ポイントで個別株(国内株)の買い付けも可能に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券では、従来(2017年)より楽天ポイント(楽天スーパーポイント)を使って投資信託の買い付けに対して1ポイント=1円で使えるようになっていますが、これが拡張されます。

2019年10月28日からは、個別の株式の買付(国内株)に対しても利用できるようになります。ザラ場だけでなく、PTS(夜間取引)でも利用できるようになります。

利便性はアップ。ただ、投信のようにうまくはいかない?

楽天ポイントを貯めてはいるけど、投資信託には興味はないという方には朗報ですね。

一方で、単元株投資だと最低取引価格は数万円になるわけで、投資信託でのポイント投資(100円単位)と比べると少しハードルが高い感じですかね。

楽天証券は単元未満株取引(100株未満の株数での株取引)のサービスはやっていないので、どうしても最低投資額が大きくなります。

株の買い付けには手数料(売買手数料)もかかるので、楽天ポイントだけで完結とはいきません。

そう考えると、投資信託へのポイント投資ほどのインパクトはないかもしれませんね。

>>楽天証券公式ホームページ

 

ポイントでの株投資ならネオモバがおすすめ

ポイントを使った株投資であれば1株単位で株の売買ができて手数料も実質無料となるネオモバ(SBIネオモバイル証券)の方が使い勝手は良さそうです。

共通ポイントカードの中でも最大手のTポイントがいよいよ、ポイント投資サービスを2019年4月10日に開始しました。 共通ポイントでいえば「dポイント」「楽天ポイント」「Pontaポイント」はすでにポイント投資/ポイント運用サービスを開始していますので、最後発と言...

ただ、貯めているポイント次第というところはありますので、楽天ポイントしか貯めていないという方には少し意味合いが違ってきますね。

>>SBIネオモバイル証券

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*