DMM株が米国株の取引手数料(最低手数料)無料に引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手数料格安証券として知られているDMM株が米国株の取引手数料(最低手数料)を2019年9月3日に引き下げました。

手数料率(約定代金の0.45%)は現行のままですが、最低手数料がこれまでの5ドルから無料に下がりました。これによって小さめの取引金額で米国株を買う方にとってはメリットが高まりました。

米国株の最低手数料引き下げ

これまでは最低手数料が5ドルに固定されていたことで、株価の低い銘柄でも必ず5ドルの取引手数料が発生していました。

例えば株価10ドルの銘柄を1株買い付けた場合の取引手数料は「10ドル×0.45%=0.045ドル」ではなく、最低手数料の5ドルになるため、株価の50%分の取引手数料が発生します。

最低手数料が無料(0ドル)になると、上記のケースでは取引手数料が「0.045ドル」となり、株価が0.45%上昇すれば取引手数料のマイナス分をカバーできます。
(プレスリリースより引用)

この動き自体は、先行してマネックス証券、楽天証券、SBI証券という大手ネット証券も先行していたので特に驚きはありません。

2019年7月に米国株投資家に朗報が届きましたね。ネット証券大手の中でも米国株を扱っているのは「マネックス証券」「楽天証券」「SBI証券」ですが、マネックス証券と楽天証券が米国株の最低手数料を5ドルから大幅に引き下げました。これまで最低手数料という存在があ...

むしろ遅いな……という印象があります。米国株取引については先行する大手3社と比較すると取り扱い銘柄数でも後れを取っていることを考えると、本丸の手数料率にも切り込んでほしかったなぁというのが正直なところです。

米国株の場合、一番に注目すべき点は取り扱い銘柄の数であると思います。アメリカは世界経済の中心地であり、企業に対する情報開示も厳しく規制されています。そこで米国株を取引するに当たっては、証券会社が扱える米国株の銘柄数に注目しましょう。また、外貨決済...

 

ちなみに、個人的には米国株取引ならマネックス証券がおすすめです。取引銘柄数も多いですし、現地証券会社を抱えているというのは大きいと思います。

>>マネックス証券公式ホームページ

 

各社共に競ってくれるのはありがたい話なんですけどね。

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。