マネックス証券が投資信託の移管で最大5万ポイントをプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月25日までのキャンペーンとなります。

マネックス証券が他社から投資信託を移管すると、移管金額に応じてマネックスポイントが最大5万円分もらえるというキャンペーンをやっています。

キャンペーン期間:2019年10月16日~12月25日

投資信託100万円(時価評価)ごとに500ポイント(0.05%相当)をプレゼントとなっています。最高5万ptまでなので1億円の投資信託を移管すればOKという事になります。結構大きいような小さいような感じですね。

投資信託を移管する方法

株式(個別銘柄)の場合と違い、投資信託の移管は少し面倒だったりします。

ある証券会社や銀行から別の証券会社に保有している投資信託を動かすことを「移管」といいます。この移管は「投資信託振替サービス」に対応している証券会社・銀行からなら可能となっています。また、対応していても、移動先の証券会社によっては取引に制限が生じる...
  1. 移管したい投資信託が以下さん先でも取り扱っているかをチェックします。
  2. OKなら、移管元の証券会社に申請をする
  3. 手数料を払って移管先の証券会社に投資信託を移す

こんな感じになります。

 

投資信託の移管キャンペーンの注意点

・移管先(マネックス証券)で販売されているファンドである必要がある
・移管に手数料がかかる

という点がネックです。投資信託の移管には上記参考サイトにあるように3000円+税の手数料がかかります。

今回のキャンペーンは投資信託100万円ごとに500ptが還元されます。

ということは、0.05%相当のポイント還元があるという前提を考えても、最低でも700万円以上の残高があるファンドではないともらえるポイントより支払う手数料の方が大きくなります

投資家さんによっては、数千万単位でファンド運用をしている方もいると思いますので、そういう方はやってみてもいいかもしれませんが、私を含む、ごく一般的な投資家にはあまり旨みのあるキャンペーンt歩は言えませんね。

もらえるポイントは「マネックスポイント」というポイントです。マネックスポイントは以下のような使い道があるようです。

  1. マネックス証券での手数料・各種利用料に充当
  2. Tポイントと交換
  3. nanacoと交換
  4. Suicaポイントと交換
  5. ANAマイレージと交換
  6. マネックス証券オリジナルグッズとの交換
マネックスポイントはマネックス証券が提供するポイントプログラム。株の日ばかり(デイトレード)による片道分の手数料還元の他、投資信託の購入や保有でポイントが貯まるようになっています。ためたポイントはANAのマイレージや電子マネー、オリジナルグッズ、マネ...

 

個人的には、そんなまとまった残高のファンドがないのでパスです。せめて2倍、3倍くらいのポイント還元があれば考えましたけど……。

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。