債券

スクエニのEB債がノックイン価格に接近!

g_bond_P2629_graph1

スクエニの株価が低迷しています。それによって以前発行していたEB債のノックイン価格に接近しているようです。

EB債というのは「Exchangeable Bond」の略で他社株転換社債などとも呼ばれます。 特定の条件を満たした場合には、現金ではなく株券で償還されるという仕組み債の一種です。今回のケースではノックイン判定水準(1,374.80円)以下に株価が下落し、当初株価に戻さずに満期を迎えた場合、スクエニ株で償還されます。 (参考:EB債とは?

スクエニのEB債にかんしては相当株価が上がったときの水準で発行されているため当初価格は高めの1,964円。 仮に100万円分の債券を購入した場合、株券償還されれる100万円を1,964円で割った株数を受け取ります。 償還時点の株価が1800円だとすると当初株価との間での差額が損失(含み損)となるわけです。このEB債を保有している投資家は戦々恐々としているのではないでしょうか?

本日株価は「1,728円」。ノックイン価格まで400円を切っています!

2013年年末に向けての長期金利の見通し

Quickが調査した日本の長期金利に関するコンセンサスが発表されました。長期金利の動きに関しては低下傾向は続くという見通しが多く、特に12月に向けて下落すると分析する専門家が多いようです。一方でその後は反転する可能性もあるという見方も多いようです。今後住宅ローンや円債への投資を考えている方は留意すると良いでしょう。

続きを読む

マネックス証券でマネックス債(個人向け社債)の募集

マネックス証券においてマネックス債(個人向け社債)の募集が開始されました。申し込み期限は2013年6月18日まで。満期は6ヶ月、金利は年利0.70%ということです。いわゆるマネックス債で、個人投資家からはかなり人気の高い債券となっているようです。利率が比較的高いうえ、償還期限が6ヶ月と短いのが魅力のようですね。

続きを読む

2013年6月の個人向け国債が本日から受け付け開始

本日2013年6月6日より、個人向け国債10年、5年、3年の受付が開始されます。ネット証券だと「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」「エイチ・エス証券」で申し込みができるようです。
今回は前回(3月)と比較すると随分と金利も改善しているようです。個人的には今回は10年国債をちょっとだけ購入しておこうと考えています。

続きを読む

個人向け国債が2013年12月より毎月発行へ

個人投資家向けの個人向け国債の5年ものと10年ものは現在のところ3カ月おきに販売されていますが、これが2013年12月より毎月発行に変更されると言うことです。個人向け国債は元本は絶対に割りたくないという方に結構適した債券で、特に10年満期は変動金利タイプなので将来のインフレリスクにもある程度対応できると言う商品です。

続きを読む

ソフトバンクが個人向け社債発行、仮条件1.25%~2.25%

ソフトバンクが新規に個人向け社債を設定します。仮条件の金利は1.25%~2.25%、満期5年。金利決定は2013年6月3日です。満期5年とやや長い感じですが、条件面をみると結構よさそうな案件です。ちなみに、この資金はスプリント買収費用と言うことです。為替が相当円安に振れてしまったので、それによる追加資金が必要になったと言うのが今回の募集の理由のようですね。

続きを読む

満額配当で期待感を維持したソニーがCB(転換社債)発行で新安値

ソニー(6758)がユーロ円建転換社債型新株予約権付社の起債を発表しました。海外市場で発行する円建ての転換社債(CB)の発行です。この発表を受けて15日のソニー株は10%超のマイナスで新安値となっております。ちなみに、1500億円で転換価格は957円。転換されれば1.56億株の株数増となります。同社の現時点の発行済み株式総数は10億株なので15%超の希薄化となる見通しです。

続きを読む

債券と株の譲渡損益を一体課税。その影響範囲は?

8月14日付のニュースに債券と株の一体課税に関する報道がありました。個人の金融所得課税において債券の譲渡損益を株式等の損益通算の対象となるということです。現在は非課税となっている債券の譲渡損益を課税対象になりますが、仮に債券の売却で損が出た場合は株式の配当益から差し引けるようになるというものです。これにより株と債券の「配当」「利子」「譲渡損益」の損益通算が可能となります。

続きを読む

ソニーのノックイン債(リンク債)販売。株価40%下落を予想?→第1回目で無事(?)早期償還

ソニー(6758)のノックイン債(仕組債)という債券がマネックス証券から販売されます。今回はこの債券についてどのようなしくみでどんなリスクがあるのかを見ていきましょう。正直ノックイン債はかなり「ハイリスク」な投資商品です。利回りの高さにつられて買うのは危険ですのでご一読ください。

続きを読む