株式投資

日経平均先物にサーキットブレーカー発動。今年一番の暴落がキタ

本日の相場はめちゃくちゃでしたね。日経平均は前日比1143円安い1万4483円98銭。下げ幅の記録はは13年ぶりと東日本大震災による直後の下げよりも厳しい下げ幅となった模様です。中国のPMI悪化を皮切りに利益確定の売りに押され、先物が主導する形で値を落とし、2時30分ごろサーキットブレーカーが発動しました。ちなみに、日経225先物取引におけるサーキットブレーカーはアメリカ同時は多発テロ、リーマンショック、東日本大震災です。そのうちアベノミクスショックとでも名付けられるのかな?
(参考:サーキットブレーカーとは

続きを読む

東京電力がストップ高、120円の安値から6倍もの水準に

日経平均が5年5か月ぶりの高値を付ける中、東京電力がストップ高となる726円(+100円)となりました。
去年の7月には120円の上場以来安値を付けていたわけですが、1年もたたないうちに株価は実に6倍にまで上昇したことになるわけです。

ちなみに、気配を見ていただくとわかりますが、特別気配のまま相場フィニッシュとなっております。

続きを読む

日経平均15000円を回復。株式投信資金流入も5年ぶりの高さ

日経平均は本日300円以上値を上げて15000円を突破したわけです。日経新聞の報道によると株式投信への資金流入も5年ぶりの大きさとのことで、株式投資への追い風感が半端ない感じです。ただ大台回復の一方で、今日の上昇は個人投資家の方には上げた感じがない上昇だったと言う方もおおいのではないでしょうか。

続きを読む

ガンホーが任天堂を時価総額で超えた日

ガンホーの株価がストップ高で1,342,000円をつけました。2日連続のストップ高、これによって時価総額は1兆5420億円と1兆5000億円の大台を突破、これによって任天堂の時価総額である1兆5390億円を超えることになった模様。

続きを読む

満額配当で期待感を維持したソニーがCB(転換社債)発行で新安値

ソニー(6758)がユーロ円建転換社債型新株予約権付社の起債を発表しました。海外市場で発行する円建ての転換社債(CB)の発行です。この発表を受けて15日のソニー株は10%超のマイナスで新安値となっております。ちなみに、1500億円で転換価格は957円。転換されれば1.56億株の株数増となります。同社の現時点の発行済み株式総数は10億株なので15%超の希薄化となる見通しです。

続きを読む

ヴィレッジバンガードが超太っ腹な株主優待を発表。株価はストップ高張り付き

12日引け後にヴィレッジバンガードが株主優待制度の新設を発表。内容が太っ腹過ぎて話題に。株価8万円弱だった同社が1単元(1株)以上の保有者に対して1万円分の利用券という設定を間違えたような株主優待制度を新設すると発表しました。割引券とかではなく、そのまま使える優待券のようです。13日10時30分現在で売り181株に対して買い4467株というストップ高買い気配となっています。

続きを読む

Amazonも10%還元でzozoタウンを潰しにかかる。ファッションECは泥仕合に突入。

先日「zozoタウンが送料無料&ポイント10倍。これじゃあヤマトの人に感謝できない><」にて紹介したとおり、送料ツイート事件後に一転送料無料を打ち出したスタートトゥデイ(3092)ですが、Amazonもこちらに対する対抗策を発表しました。従来より送料無料&30日間の返品送料無料サービスに加えて、約80のブランド商品を10%ポイント還元することを本日(11/7)に発表しました。送料無料でシェア拡大を狙っているAmazonが、zozoによる実質的な値引き対応に対して、同じく値引き対応によって返した形です。まさに泥仕合の様相となっております。

続きを読む

zozoタウンが送料無料&ポイント10倍。これじゃあヤマトの人に感謝できない><

先日、zozoタウン運営会社「スタートトゥデイ(3092)」の前澤社長によるTwitter発言騒動がありましたが、同社は11月より送料無料&ポイント10倍という対応を見せた模様です。Amazon等競合対策としてはよろしいのでしょうが、個人的に一企業のトップが利用者のボヤキに対して痛烈に反応したこと事態が問題であって、もし今回の件をうけて送料無料にしたというのであれば迷走以外に表現しようがないと思うのですが…。

続きを読む

シャープ。ついに継続疑義か?今季最終赤字4500億円の見通し

1日発表されたシャープ(6753)の4-9月連結決算短信に「継続続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在している」と明記された。また、通期の赤字見通しを従来予想の2500億円から4500億円の赤字に下方修正となりました。昨日の「パナソニックの7650億円の赤字見通し」と比較すると小さく見えますが、現在のシャープから見ると相当な規模です。ただし、疑義注記ではないという点に一応注意が必要です。

続きを読む