5401

日経9000円割れ、景気敏感株が売られる。

30日の東京市場は反落となりました。日経平均は86.03円安の8983.78円と約半月ぶりに終値で9000円を下回りました。世界景気の減速懸念が強まり、機械・鉄鋼・海運などの景気敏感株が売られました。コマツ(6301)が年初来安値を更新、中国株式市場の低迷をうけて中国関連株が安値を更新しました。午後には先物売りに押され一時100円安をこえる場面もありました。売買高は7837億円と相変わらずの低水準。

続きを読む