9201

配当取りで小幅高。JALは大幅安で相場心理冷やす。円高も重し。

本日の日経平均株価は小幅反発。終値は22.25円高い9091.54円。本日は9月決算銘柄の権利付き最終日であったことなどから権利取りの動きが見られました。前場では一時9100円を超す場面も見られました。後場には円高の進行やJAL(9201)が8%を超える大幅安となったこともあって、一時マイナスに転換。しかし、引けにかけて買い戻されTOPIXは高値引け、日経平均も22円高となりました。

続きを読む

日銀が追加緩和策発表。日経平均は100円超の上昇

19日の日経平均株価は大幅反発。108.44円高い9232.21円と約4カ月ぶりの高値水準となっております。日銀による金融政策決定会合において、追加の金融緩和策が発表されたことを好感する形で一段高となりました。一時164円高まで上昇したものの、引けにかけて多少戻す形となりました。

続きを読む

日本株だけ独歩安の展開。4日も日経平均は続落。

4日の株式市場ですが、本日も日経平均、TOPIX共に続落となっています。下げ幅はわずかですが、欧州市場などが好調だったにも関わらずの下げに日本株独歩安の展開となっております。米国金融緩和期待が円高を誘発することによる円高業績悪化懸念や大型上場となるJALによる資金需要なども大きな要因になるのでしょうか?JALといえばANA(9202)が本日170円を割ったかと思うと166円まで値を下げました。ソフトバンク(9984)も商いを伴って下げるなど悪影響も出ているようです。

続きを読む